不況が長引き経済的に苦しい生活を送っておられる方々は少なくありません。ある場合、どうしても一時的に借金する必要が生じる、ということもあることでしょう。では、キャッシングやカードローンを申し込む際、スムーズに審査を受けるにはどのようなことに注意しておくとよいでしょうか。

まず、審査の際に何が行われるかを把握しておくことは大切です。そして、どこの消費者金融やカードローン会社を選んだとしても、審査の際には大きく分けて二つのこと、つまり、本人確認在籍確認が行われます。この二つについて一つずつ考えてみましょう。

本人確認

hso

最初に本人確認とは、キャッシングの申込書に記入した住所、氏名などの個人情報が申込者本人のものに間違いないかどうかを確認するものです。

そしてそのために、本人確認書類と呼ばれるものを提示することが必要です。このためには大抵、運転免許証か健康保険証が用いられますが、パスポートでも大丈夫です。それで、キャッシング等の申し込みの際には、これら本人確認書類のうち一点を忘れずに持参しましょう。引っ越して住所が変わっているならば、運転免許証などの住所変更届けを済ませておくことも大切です。

在籍確認

shoi

では次に、在籍確認とは何でしょうか。これは、申込者が毎月、一定の収入を得ていることを確かめるために、申込書に記入した勤務先に電話連絡をして申込者が確かにそこで働いているということを確認することです。

電話連絡すると言っても、消費者金融などの企業名ではなく友人を装って個人名で電話がかけられますし、申込者の収入について尋ねられるわけではありませんので、キャッシングについて勤務先にバレる心配はありません。それで、申し込みの際には勤務先の正式名称に加えて電話番号も正確に申告できるようにしておきましょう。

このように、キャッシング等を申し込んだ場合、本人確認と在籍確認が必ず行われますので、それらの審査をスムーズに受けることが出来るように準備しておきましょう。しっかりと事前の準備をしておけば、審査について心配する必要はないでしょう。